2021年版

2021年7月-院長メッセージ

 6月より梅雨に入り、雨模様の日が続いております。
皆さま、お変わりなくお過ごしのことと思います。
 コロナワクチン接種ですが、これまで順調に進んでおります。当院はマイナス80度を保つことが出来るフリーザーが貸与されている、基本接種医療機関です。接種開始から2ケ月半の期間、195本入り3箱供給を受けて、2箱以上、およそ3000回の接種をして参りました。高齢者の接種はほぼ終わりに近づいており、65歳以下の方の接種も開始しております。
 しかし、皆様もニュースでご存知かと思いますが、国からのワクチン供給スケジュールがはっきりしないため、今後の供給の見通しがはっきりせず、8月以降の予約を一時ストップしている状態です。ワクチン供給のめどが立ち次第、再び予約を受け付け開始します。
 ワクチン接種での副反応ですが、これまでアナフィラキシーショックのような、緊急対応を要する副反応は当院ではありませんでした。2回目の接種後、発熱等の副反応はかなり高頻度で起こりますが、これは免疫機能を高める抗体が作られているための正常な反応であり、ほとんどが1日で改善します。過度の心配をしないで、ワクチン接種を受けてください。
 一日も早く、正常な生活を取り戻すことが出来るように、当院は今後もワクチン接種だけでなく、発熱対応もしてまいります。どうぞよろしくお願いします。

2021年6月-院長メッセージ

 日によっては夏日となるなど、暑い夏を予感させる5月でした。
お元気でお過ごしのことと思います。
 当院でも、コロナワクチンの高齢者への接種が5月17日から開始されました。当面は外来で一日24名から50名程度の接種。高齢者施設での集団接種。デイサービスへの出張接種など行ってゆきます。また、6月の日曜日は午前中に50名の接種を行う予定です。一日でも早く皆様がワクチン接種を終えるように努力してまいります。
 当院かかりつけの方で、まだワクチン接種の予約が取れていない方は、当院受付までご相談してください。当院独自の予約もとることが出来ます。
 私も2回のワクチン接種を終えました。1回目は特に副反応はありませんでしたが、2回目接種後は体の倦怠感が強くでました。2回目の接種を土曜日にしていたので、休むことができて診療には問題ありませんでした。この副反応は高齢者ほど発現頻度がすくなく、若い方に多い傾向にあります。また、接種後すぐに起きるアナフィラキシーショックも、30分の経過観察で対応することが可能です。
 皆さん、安心をしてワクチン接種をしてください。

2021年5月ー院長メッセージ

 4月の終わりは寒いと感じる日が続きました。みなさま、お元気で変わりなくお過ごしでしょうか?
 今年のゴールデンウイークも、ステイホーム、我慢の日々が続きます。東京や大阪などには3回目の緊急事態宣言も発令されて、不要不急の外出は控えなければなりません。
 そんな厳しい環境のなか、ワクチン接種という、希望の光が見えてきました。予約ではずいぶんと混乱がみられましたが、7月末までには高齢者の方々に十分接種できる量のワクチンが配られる予定です。
 当院でも、施設の入居者や職員に対する接種が、4月末から始まっています。私も1回目のワクチン接種をしましたが、少々接種部位に痛みを感じる程度でした。70名近くの接種をしましたが、特に副反応もなく終えることができました。
 5月17日からは、高齢者に対するワクチン接種が始まります。当院では毎日10名の予約がすでに入っています。また、小学校や運動公園での集団接種も開始予定です。私も集団接種会場への出動も予定しています。
 現時点での状況では、もう少し当院独自の予約を入れて、ワクチン接種ができるようです。みなさま、早めのワクチン接種をして、コロナ感染症を予防するようにお勧めいたします。

2021年4月ー院長メッセージ

3月中旬に開花した桜の花は4月に入り、かなり散ってきました。
みなさま、お変わりなくお過ごしでしょうか?
4月1日より新年度が始まります。当院でも新しい医師が3名診療に加わってくださり診療体制が若干変更になります。
月・火・金の内科外来担当と訪問診療担当をしてくださる木村先生。土曜日の午前・午後で訪問診療を担当してくださる奥村先生。土曜日の午後整形外科外来を担当してくださる野田先生。以上が新しく担当になります。3名ともベテランの医師であり、しっかりとした診療技術を持っております。安心をして受診してください。
また、月曜の藤本先生の整形外科午後外来はなくなり、木村先生が内科外来を担当します。火曜日の午後整形外科外来は藤本先生から苛原に変更になります。
外来受診の際は、外来担当に気をつけて来院をしてください。
コロナ感染症ワクチン接種も4月から、高齢者の優先接種が始まります。松戸市の方で管理をしておりますので、松戸市からの案内に応じて接種を進めてください。もちろん、当院でもかかりつけの方に接種を行う予定です。

2021年3月ー院長メッセージ

 2月中は春の暖かさの後に真冬の寒さに逆戻りなど、寒暖差の激しい日々でした。
皆さん体調は大丈夫でしょうか。コロナウイルス感染も少しは収まっては来ておりますが、引き続き感染予防をお願いします。
 コロナ感染症ですが、熱がなく花粉症のような症状でもコロナ感染の場合があります。心配な時は是非当院までご相談ください。症状がなくても検査を受けることが出来ますし、医師が検査必要と判断すれば、保険適応でPCR検査を当院で受けることが出来ます。また、松戸市民であれば2月1日より、特に症状がなくとも、コロナPCR検査費用の補助を受けることが出来ます。松戸市のホームページを確認してください。
 コロナ感染症のワクチンに関しましては、松戸市とも協力をして準備を進めております。どのような形式になるのかはいまだ流動的です。確定した情報が入り次第お伝えいたしますので、今しばらくお待ちください。
 今年の春も、花見や送別会、歓迎会は自粛しなくてはなりません。我慢ばかりで、つらいですが、感染蔓延予防のためご協力よろしくお願いします。

2021年2月ー院長メッセージ

皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか?
 1月8日に我が国では2回目の緊急事態宣言が11都道府県に発令されました。それ以降、感染者数は減少傾向にはありますが、いまだ高止まりしているのが現状です。まだまだ、自粛と予防に努めなくてはいけません。
 当院の和田医師が、これまでの当院でのコロナウイルス検査に関する経験をまとめております。それによると、昨年の7月1日から今年の1月25日までの間に合計955回のコロナウイルスPCRおよび抗原検査を行い、73人の陽性者の診断をしております。特に注目すべき点は、有症状者・濃厚接触者に対する検査陽性率は12.7%(69/544)であるのに対し、無症状者に対する検査陽性率は1.0%(4/411)であることです。
 この結果の意味するところは、有症状者や濃厚接触者に対して早期診断学的検査をすることが、より大切な対応であることです。熱発や体のだるさ、のどの痛みなどがある場合には、早期にPCR検査を受けてください。当院では、予約制の発熱外来で対応しておりますし、無症状者に対する自費のPCR検査も積極的に行っております。
 2月からはワクチン接種も始まるとのことで、市町村は準備を開始しております。皆さん一人一人の力で、この難局を乗り越えてゆきましょう。
当院も積極的な地域貢献を目指して頑張って参ります。

2021年1月ー院長メッセージ

新年あけましておめでとうございます

昨年はコロナ感染症の蔓延で、様々な行事が出来なくなり、また外出を控えたり、大人数での飲食を制限したりと、これまでとは異なる生活様式の日々でした。まだまだ、感染症は続くとは思いますが、ワクチンの接種も春頃から始まるようですし、できるだけ早い収束を祈るばかりです。
当院では昨年多くのコロナ感染症PCR検査を行いました。無症状で検査ご希望の方は電話で予約を取ってから、指示された時間に来てください。熱発外来も続けてまいります。発熱や味覚障害、嗅覚障害など症状のある方も、電話で予約をしてから、指示に従ってください。
当院は通院が困難な方々に対して、定期的にご家庭に往診をして生活を支えてゆく、訪問診療を行っております。通院等でお困りの方は当院のソーシャルワーカーまで相談をしてください。
地域医療を守るために当院は職員一同、一丸となって本年も努力を続けてまいる所存です。皆様本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

交通アクセス


画像をクリックしてください。

医療法人社団 実幸会
いらはら診療所
TEL.047-347-2231
FAX.047-347-2551

更新履歴