院長メッセージ

2022年8月ー院長メッセージ

暑い日が続いております。
皆さまはお変わりなく、お過ごしでしょうか。
このところ新型コロナワクチン感染症患者数は、著しく増加しており、過去最大患者数を連日更新しています。当院の発熱外来も皆様からの要請にお答えできず、大変恐縮しております。火曜日と金曜日の午後も発熱外来を少人数ですが開始しました。多くの場合、軽症で終わりますので、症状が軽い場合には、自分でできるコロナ抗原検査を行うことをお勧めいたします。
7月23日に、神戸で開催された、第4回日本在宅医療連合学会に参加してまいりました。当院の和田医師が座長をするシンポジウムなどがありましたが、お目当ては浅沼事務長がシンポジストとして登壇する「在宅医療における事務職の役割」というセクションです。
黒のワンピースの白のジャケットという、見栄えの良い恰好で、講演の内容が群を抜いて素晴らしく、院長として大変誇らしく感じました。浅沼事務長、和田先生ご苦労様でした。
当院は引き続き地域医療の推進のため努力してまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

2022年7月ー院長メッセージ

例年より早い梅雨に入りでしたが、6月下旬に突然猛暑が始まり、同時に梅雨も明けました。厳しい暑さです。皆さん、熱中症に気をつけて、水分を補給して、睡眠も十分にとってください。
新型コロナワクチンの4回目接種が始まりました。私も4回目の接種を済ませましたが、今回は60歳以上か、重篤な疾患を患っている方に限られております。接種券が届いたら、是非当院の受付まで相談をしてください。
コロナ感染者数は下げ止まっていますが、重症者数が増えないのは、ワクチン接種が進んでいるためだと思われます。まだ、2回しか打っていない方もおられると思いますが、3回目のワクチンを打つことをお勧めします。
今年の4月から、第4土曜日の整形外科外来は、私の息子、苛原航が担当をしております。整形外科の専門医試験に合格をしたので、外来を任せられるようになりました。現在は栃木県の総合病院で働いておりますが、将来は当院に戻ってもらいたいと願っております。
当院は今後も地域医療推進のため、世代を超えて邁進してまいります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

2022年6月ー院長メッセージ

5月末には30度を超える日があるなど、暑い夏が今年もやってくるようです。日々の温度差が激しく、体調を維持することは大変かと思いますが、皆様は元気でお過ごしの事と思います。
6月に入り、4回目の新型コロナワクチン接種も開始されます。60歳以上の方と、持病のある60歳以下の方が対象になります。私のところにも松戸市から接種券が届いており、今月中に4回目の接種を行う予定です。
新型コロナ感染者数は減少が続いており、国も徐々に規制を緩和してきております。これまでの日常を取り戻しつつあるところですが、以前のようにとは行かないのが現実です。
当院は教育診療所で、東京医科歯科大学からの研修医の受け入れも行っておりますが、大人数での歓迎会や送別会は大学から行わないようにとの通知が来ております。まだまだ、当たり前の生活を取り戻すには時間がかかるのでしょう。
松戸市の無料コロナPCR検査も引き続き行われております。症状がなくても、何か心配がある場合や、田舎に行くので検査を希望する場合には、電話で予約をしてからきてください。また、当院は発熱外来もこれまで通り行っております。

地域医療に邁進してゆきますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

院長メッセージー2022年5月

4月の終わりには夏日になるなど、今年も暑い夏を予感させる日々です。また、気温差も激しく、体がついてゆかない方も多いと思います。皆様は、お元気でお過ごしでしょうか。

新型コロナ感染者数もなかなか下がらず、相変わらずの人数です。感染をしても軽くすむことが多いのも事実ですが、中には重症化する方もおり、油断はできません。ゴールデンウイーク中は日ごろの感染予防対策を忠実に守ってゆきましょう。

当院の発熱外来も続いておりますが、4月中旬から少し余裕が出てきております。この調子で感染者数が減少することを願っております。

当院は医学生や研修医の教育診療所でもあります。5月6月と続けて、一名ずつ東京医科歯科大学から研修医が参ります。良い医師を育てることの重要性も我々の仕事と自覚しており、スタッフ一同頑張っております。教育をするためには、我々もしっかりと勉強をしながら診療を続けてゆく必要があり、医療の質が上がると思います。皆様のご理解をよろしくお願いします。

 

2022年4月ー院長メッセージ

 4月となり、新年度の始まりです。新しい学校や職場に行かれる方も多い事でしょう。小金原のさくら通りの桜も満開で、毎日の散歩が楽しみで、花見を兼ねています。
新型コロナウイルス感染蔓延防止法も3月21日で終わり、これで普通の生活が始まることを期待しておりましたが、感染者数はまたじわじわと増加を続けております。なかなか、収束が見えない閉塞をした状態ですが、希望を持ち続けて感染予防の基本を続けてゆきましょう。
 3月末に、ユーカリデイサービスにフィリピン出身のプロ歌手で静岡を中心として活動している、カテリンさんが来てくれました。ユーカリデイサービスで働いているエクシーさんの従妹であり、彼女からの依頼に応じてくれたのです。プロ歌手の圧倒的声量、やや甘く伸びのある歌声、本当に素晴らしい時間でした。涙を流している利用者の方もおりました。CDも3枚出しており、機会があれば是非一度聞いてみてください。
新年度も引き続き、発熱外来やワクチン接種を続けてまいります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

2022年3月-院長メッセージ

 3月に入り日中は20度近くになる日もでてきました。まさに春近しという実感です。
新型コロナウイルス感染症は、我々の予測に反していまだ感染者数は減少してきません。
宇都宮にいる私の息子家族も感染するなど、身近で感染する方も増えてきました。
 3回目のコロナワクチン接種もまだ全国的には進んでいない状況です。当院でもできるだけ早く皆さんにワクチンを接種してもらおうと、日々接種を進めております。
 なかなか、マスクなしの日常が取り戻せませず、ストレスの多い毎日ですが、日々の生活を感染に気をつけながら暮らしてゆくしかありません。
 最近外出を控えて運動不足になってきている、高齢者の方を散見いたします。外を歩くことはマスクをつけていれば、感染はほとんどありません。どうか、散歩などを続けて体力維持をしてゆきましょう。

2022年2月ー院長メッセージ

皆さん寒い日が続きますが、お元気でお過ごしでしょうか?
オミクロン株コロナ感染症の勢いが止まらず、感染は爆発的に拡大をしております。そのあおりを受けて、松戸市内では救急医療に支障が出てきました。しかし、オミクロン株感染症はそれほど重篤な症状は出ないというのが、現場で診療をしている医師の実感です。特に若い方は無症状が多いようです。そのために感染が拡大するのでしょう。
3回目のコロナワクチン接種も松戸市では比較的早く進んでいるようです。当院でも、毎日ワクチン接種をしております。接種券に接種日と場所が記入してある場合には、できるだけその通りに接種することをお勧めいたします。当院での接種枠は今回ほとんどなく、松戸市の予約枠で予約していただくしかありません。
発熱外来もかなり混んでおりますが、まずは電話で確認をしてください。症状のある方に制限をせざるを得ない状況です。
皆様にはごめいわくおかけしますが、よろしくお願いします。

 

2022年1月ー院長メッセージ

皆さま、新年あけましておめでとうございます。

昨年は、2年越しで続いている、コロナ感染症の蔓延に振り回された一年でした。
年末よりは新しい変異株の流行もあり、第6波が始まったようです。幸いに、飲み薬も使えるようになり、当院でも処方可能となっております。感染が始まった当初より発熱外来を続けてきておりますので、今年も引き続き積極的な治療を進めてまいります。
コロナワクチン3回目の接種も始まっております。我々は医療従事者であり、新年早々にワクチン接種を受ける予定です。皆様のところにも、接種券が届きますので、今少しお待ちください。当院での接種希望の方は接種券が届いてから、ご相談お願いします。
インフルエンザワクチンももう少し残っております。接種をしていない方は是非接種することをお勧めいたします。
当院は本年も地域医療を勧めながら、地域づくりのお手伝いをしてまいる所存です。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2021年12月ー院長メッセージ

 師走に入り、寒さも厳しくなってまいりました。皆様お元気でしょうか。
コロナ感染症の感染者数は減少してきております。しかし、変異株などの報告や、ヨーロッパ諸国などでの感染者数増加などもあり、まだまだ安心できない状態です。
コロナワクチンの3回目の皆様への接種は、来年から始まります。今回は、接種券に日にちと場所が指定されたものが配られるとの報告もあります。当院は基本接種機関であり、3回目の接種も積極的に勧めてまいります。
 インフルエンザワクチンでは、今年は配給量が少なくてご迷惑をおかけしております。しかし、12月に入りまた少し入荷するようでもあり、高齢の方を優先して接種を行います。接種希望のかたは当院外来までお問合せください。
 今年1年は昨年に続いて、コロナ禍に翻弄された年でした。8月の第5波の時には、夜の12時過ぎまで診療がかかるなど、非常に厳しい時期もありました。職員の皆さんの努力や行政の後押しもあり、何とか乗り越えてきております。
 今後も地域医療を通じて、地域を守り、地域作りをしてゆくために、地道な診療を続けてまいります。今後ともどうぞよろしくお願い申しあげます。

2021年11月ー院長メッセージ

11月に入り、秋晴れの暖かい小春日和が続いております。皆様はお元気でお過ごしのことと思います。
コロナ感染者数も劇的に減少して、少しずつ以前の生活が戻り始めています。感染者数の減少はいろいろと言われておりますが、やはり、ワクチン接種率が全国民の70%を超えたことと、今なおマスクをつけ、感染症対策を怠らない国民性にあることは間違えないでしょう。今後の第6波に備えて引き続きマスク、手洗い等の感染症対策を続けてまいりましょう。
インフルエンザワクチンですが、今年は供給量が少なくご迷惑をおかけしております。現在かかりつけの80歳以上かつ基礎疾患のある方に限り、接種を勧めさせていただいております。追加の供給が入り次第ご案内させていただきますので、ご了承ください。

交通アクセス


画像をクリックしてください。

医療法人社団 実幸会
いらはら診療所
TEL.047-347-2231
FAX.047-347-2551

更新履歴