Author Archive

2022年1月ー院長メッセージ

皆さま、新年あけましておめでとうございます。

昨年は、2年越しで続いている、コロナ感染症の蔓延に振り回された一年でした。
年末よりは新しい変異株の流行もあり、第6波が始まったようです。幸いに、飲み薬も使えるようになり、当院でも処方可能となっております。感染が始まった当初より発熱外来を続けてきておりますので、今年も引き続き積極的な治療を進めてまいります。
コロナワクチン3回目の接種も始まっております。我々は医療従事者であり、新年早々にワクチン接種を受ける予定です。皆様のところにも、接種券が届きますので、今少しお待ちください。当院での接種希望の方は接種券が届いてから、ご相談お願いします。
インフルエンザワクチンももう少し残っております。接種をしていない方は是非接種することをお勧めいたします。
当院は本年も地域医療を勧めながら、地域づくりのお手伝いをしてまいる所存です。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2021年12月ー院長メッセージ

 師走に入り、寒さも厳しくなってまいりました。皆様お元気でしょうか。
コロナ感染症の感染者数は減少してきております。しかし、変異株などの報告や、ヨーロッパ諸国などでの感染者数増加などもあり、まだまだ安心できない状態です。
コロナワクチンの3回目の皆様への接種は、来年から始まります。今回は、接種券に日にちと場所が指定されたものが配られるとの報告もあります。当院は基本接種機関であり、3回目の接種も積極的に勧めてまいります。
 インフルエンザワクチンでは、今年は配給量が少なくてご迷惑をおかけしております。しかし、12月に入りまた少し入荷するようでもあり、高齢の方を優先して接種を行います。接種希望のかたは当院外来までお問合せください。
 今年1年は昨年に続いて、コロナ禍に翻弄された年でした。8月の第5波の時には、夜の12時過ぎまで診療がかかるなど、非常に厳しい時期もありました。職員の皆さんの努力や行政の後押しもあり、何とか乗り越えてきております。
 今後も地域医療を通じて、地域を守り、地域作りをしてゆくために、地道な診療を続けてまいります。今後ともどうぞよろしくお願い申しあげます。

腹膜透析患者への訪問看護の取り組み

2021年11月29日
「東葛北部地域での腹膜透析の取り組み」のセミナーにて、
南柏訪問看護ステーション 佐々木三穂看護師が症例報告をしました。

 

 

医療・介護セミナー再開

10月に入りコロナも少し落ちつき、当院のPCR検査でも感染者0名が続いています。皆様の感染予防、ワクチン接種のおかげです、ありがとうございます。ここでずっと休止していました「医療・介護セミナー」を再開します。まずは体操から!お時間あります方は是非お越しください。

 

2021年11月ー院長メッセージ

11月に入り、秋晴れの暖かい小春日和が続いております。皆様はお元気でお過ごしのことと思います。
コロナ感染者数も劇的に減少して、少しずつ以前の生活が戻り始めています。感染者数の減少はいろいろと言われておりますが、やはり、ワクチン接種率が全国民の70%を超えたことと、今なおマスクをつけ、感染症対策を怠らない国民性にあることは間違えないでしょう。今後の第6波に備えて引き続きマスク、手洗い等の感染症対策を続けてまいりましょう。
インフルエンザワクチンですが、今年は供給量が少なくご迷惑をおかけしております。現在かかりつけの80歳以上かつ基礎疾患のある方に限り、接種を勧めさせていただいております。追加の供給が入り次第ご案内させていただきますので、ご了承ください。

院長メッセージー10月

9月は初旬から涼しい日が続きました。しかし、9月下旬になり、今度は真夏日が続きました。最近の気候は予想外の展開です。皆さん、体調に気をつけてください。
 9月19日20日に行われた、NPO在宅ケアを支える診療所・市民全国ネットワークの長崎おおむら大会は、完全Web開催となりました。長崎に行けなくなったのは残念ですが、移動がなくなったために体は楽でした。
 大会運営がうまくゆくのか心配でしたが、私の出番のシンポジウムも、職員が参加した実践交流会も予想以上にスムーズに行うことができました。日ごろからWeb会議になれているので、うまくできたのかもしれません。コロナ禍で日常生活が少しずつ変わっています。おそらく、Web会議は今後も日常的に続くと思います。
 当院でのコロナワクチン接種は10月以降も続きます。特に10月以降は学校に通っている中学生、高校生が来ることが出来る時間帯を設定して準備してゆきます。変異株は若い人にも感染拡大が起こっていますので、是非この機会にワクチン接種を進めてください。

2021年9月ー院長メッセージ

 8月は台風の襲来もあり、例年より雨の多い天候で、土石流による被害なども多数みられました。被害に遭われた方々には、心からお見舞い申し上げます。
 先月から、コロナ感染症患者の爆発的増加があり、松戸市では一日の発生者数が200名を超える日も出ておりました。当院の発熱外来も、連日多くの方が来られております。万全の感染症対策をとるため、中には長時間お待たせをすることもあり、大変ご迷惑をおかけしております。熱が出た際には、一度電話をしてから来院をしてください。
 ワクチン接種も順調に進んでおります。松戸市からの供給が減ってきており、当院独自の新規受付は現在できておりません。松戸市の申し込みから予約をするようにお願いします。ワクチン接種を2回済ませていると、万一感染をしても、重症化しないとの報告もでており、積極的な接種をお勧めいたします。
 9月19日20日に予定されていた、在宅ケアを支える診療所・市民全国ネットワークの長崎おおむら大会は、オンライン開催となりました。大勢の方が長崎に集まることは、感染予防の観点からも無理ですね。
 9月に入ってもコロナ感染症との闘いは続いてゆきます。皆さん、大変かとは思いますが、感染予防に留意を続けて、健康で明るい毎日を送ってください。

2021年8月-院長メッセージ

暑い日が続いております。
皆さま、熱中症に注意をして、こまめに水分補給をしてください。また、コロナ感染者数も増加しております。これまで以上の感染症対策も合わせてお願いします。
 東京オリンピック2020が始まりました。日本選手の活躍もあり、テレビの前での応援にも熱が入っていることと思います。この開催には様々な意見がありましたが、何とか無事に終えてほしいというのが、偽らざる本音です。
 しかし、コロナ感染者数は変異株の影響もあり、激増しております。東京では緊急事態宣言も出されておりますが、その効果はみられません。今回の感染者数の増加では、高齢者の感染者や重傷者が少ないという事実があります。ワクチン接種の効果が出ているためと思われます。
 当院では引き続き、発熱外来だけでなく、ワクチン接種を積極的に進めてまいります。高齢者施設、障碍者施設での出張接種も積極的に行って、感染者数の増加を抑えるべく、努力を続けております。
 ワクチン接種に関しましては、いろいろな意見がありますが、感染予防効果や重症化予防効果は明らかです。どうか、順番が来ましたら、積極的な接種をお願いします。

2021年7月-院長メッセージ

 6月より梅雨に入り、雨模様の日が続いております。
皆さま、お変わりなくお過ごしのことと思います。
 コロナワクチン接種ですが、これまで順調に進んでおります。当院はマイナス80度を保つことが出来るフリーザーが貸与されている、基本接種医療機関です。接種開始から2ケ月半の期間、195本入り3箱供給を受けて、2箱以上、およそ3000回の接種をして参りました。高齢者の接種はほぼ終わりに近づいており、65歳以下の方の接種も開始しております。
 しかし、皆様もニュースでご存知かと思いますが、国からのワクチン供給スケジュールがはっきりしないため、今後の供給の見通しがはっきりせず、8月以降の予約を一時ストップしている状態です。ワクチン供給のめどが立ち次第、再び予約を受け付け開始します。
 ワクチン接種での副反応ですが、これまでアナフィラキシーショックのような、緊急対応を要する副反応は当院ではありませんでした。2回目の接種後、発熱等の副反応はかなり高頻度で起こりますが、これは免疫機能を高める抗体が作られているための正常な反応であり、ほとんどが1日で改善します。過度の心配をしないで、ワクチン接種を受けてください。
 一日も早く、正常な生活を取り戻すことが出来るように、当院は今後もワクチン接種だけでなく、発熱対応もしてまいります。どうぞよろしくお願いします。

2021年6月-院長メッセージ

 日によっては夏日となるなど、暑い夏を予感させる5月でした。
お元気でお過ごしのことと思います。
 当院でも、コロナワクチンの高齢者への接種が5月17日から開始されました。当面は外来で一日24名から50名程度の接種。高齢者施設での集団接種。デイサービスへの出張接種など行ってゆきます。また、6月の日曜日は午前中に50名の接種を行う予定です。一日でも早く皆様がワクチン接種を終えるように努力してまいります。
 当院かかりつけの方で、まだワクチン接種の予約が取れていない方は、当院受付までご相談してください。当院独自の予約もとることが出来ます。
 私も2回のワクチン接種を終えました。1回目は特に副反応はありませんでしたが、2回目接種後は体の倦怠感が強くでました。2回目の接種を土曜日にしていたので、休むことができて診療には問題ありませんでした。この副反応は高齢者ほど発現頻度がすくなく、若い方に多い傾向にあります。また、接種後すぐに起きるアナフィラキシーショックも、30分の経過観察で対応することが可能です。
 皆さん、安心をしてワクチン接種をしてください。

交通アクセス


画像をクリックしてください。

医療法人社団 実幸会
いらはら診療所
TEL.047-347-2231
FAX.047-347-2551

更新履歴