Author Archive

12月になりました

クリスマスツリーが飾られました。もうこんな時期ですね。
忙しい毎日ですが、私たち職員もこのツリーでほっと癒されています。
皆様もしっかりと予防接種、感染対策をされ楽しい12月をお過ごしください。

当院では、現在コロナワクチン接種、インフルエンザ予防接種、発熱外来等実施しております。

2022年12月ー院長メッセージ

11月は比較的暖かい日が多く、過ごしやすかったですね。12月に入り急に寒くなるとの予想です。皆さん、体調管理に気をつけてください。
新型コロナワクチン接種は毎日続けております。最近になってまた患者数が増加しており、ワクチン接種の予約も混みだしております。重症化を防ぐためにも、ワクチン接種を続けてください。
インフルエンザワクチン接種も順調に進んでおりますが、当院ではいまだ感染者は出ておりません。この2年間インフルエンザは流行しておらず、今年も大丈夫かと思います。
最近新型コロナ感染症で外出を控えて、運動不足になり、足腰が弱くなる高齢者の方が増えております。感染症は怖いですが、歩いて筋力を維持してください。筋力が低下すると、転倒して背骨の圧迫骨折や大腿骨頸部骨折などの危険性が増してきます。
12月、師走になりました。何かと気ぜわしい時期ですが、感染症対策を続けて日々の生活を充実させてください。

 

『へるぱる』2023年1・2月号

 

『へるぱる』2023年1・2月号 「高齢者の冬の管理」和田忠志先生監修記事です。

「高齢者の冬の管理」←クリックすると掲載記事が読めます

2022年11月-院長メッセージ

10月は朝晩の寒暖差が激しい日が続きました。皆様はお変わりなくお過ごしでしょうか?
コロナ感染症の全例報告義務がなくなり、感染症は終息に向かっているようですが、いまだ当院の発熱外来では、コロナ陽性と診断される患者さんが連日続いております。
これから、寒くなってくるとインフルエンザの流行も予想されており、マスク、手洗いなどの基本的な予防は続けてゆく必要があります。毎朝5時前に起きて散歩をする生活を続けておりますが、さすがに朝の散歩でのマスク着用は必要ありません。しかし、人通りのない朝の散歩でもマスクをつけている方がいて驚いております。日本人の生真面目な習性なのでしょうか。
新型コロナワクチン5回目の接種券が私のところに届きました。一体いつまでこの感染症は続くのでしょうか。一日も早い収束を願っております。
インフルエンザワクチンの接種は始まっております。予約は必要ありません。診察時間内においでいただければいつでも接種可能です。今年はワクチンの量は十分あるので、心配ありません。

 

2022年10月ー院長メッセージ

9月の末になると、さすがに朝晩は涼しくなります。しかし、日中は30度近くになる日もあり、寒暖差が激しいですね。皆様はお変わりなくお過ごしのことと思います。
9月18日19日と平塚で開催された、「第1回の地域共生を支える医療・介護・市民全国ネットワーク全国の集い湘南ひらつか2022」に参加をしてまいりました。
当院から2演題、生活介護から1演題の発表が実践交流会で行われました。3年ぶりに対面での開催となり、懐かしい人たちと再会を喜びました。今回は、会場が小さく、4会場での開催となりましたが、新しい会の在り方としては、得るものがありました。
19日の「団塊/全共闘世代の未来と課題2」の会場は満席で立ち見が出るほどでした。上野千鶴子、三好春樹といった役者がそろっていたこともありますが、内容が実に面白く、続編を期待したいくらいでした。
来年は名古屋で地域医療研究会の代表であり、新生ネットワークの共同代表でもある、亀井先生が大会長です。早々に準備を始めており、楽しみです。プレ大会も高知や山形での開催が予定されており、これも楽しみですね。
今月よりインフルエンザの予防注射を開始しております。今年は十分にワクチンがあるので、ご希望の方は安心をしてください。特に予約は必要ありません。

 

インフルエンザ予防接種が始まります(10月1日)

2022年10月1日~インフルエンザ予防接種を開始いたします。オミクロン対応コロナワクチン接種も対象年齢が拡がりますね。
同時接種も可能ですのでご希望の方は受付にてお伝えください。(1日に接種数に限りがございますご了承ください)

 

2022年9月ー院長メッセージ

暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
新型コロナ感染者数もなかなか下げ止まらず、重症者数も増えてきております。感染症の怖さよりも、一度感染をすると、10日間の隔離期間が必要になることの方が、社会に与える影響が多いです。さらには、いまだに隔離期間後もPCRの陰性証明をもらってくるようにと、根拠に乏しい事を強いる会社もあり、困ったものだと思っています。隔離期間が終わってもPCR検査は陰性にならないことも多くあり、全く意味のない検査です。厚労省からそのような証明を求めないようにとの通達も出ております。
8月には、フィリピンから技能実習生第2段の若者が来てくれました。丁度コロナ禍で、当院関連施設でもクラスターが発生していた頃だけに、心強い味方となりました。今回は野田のグループホームにも2名派遣をする予定です。実習生の方々が有意義な時間を過ごしてくれることを願っております。
当院では9月も発熱外来を続けてまいります。発熱等の場合はまず、当院までお電話をください。よろしくお願い申し上げます。

2022年8月ー院長メッセージ

暑い日が続いております。
皆さまはお変わりなく、お過ごしでしょうか。
このところ新型コロナワクチン感染症患者数は、著しく増加しており、過去最大患者数を連日更新しています。当院の発熱外来も皆様からの要請にお答えできず、大変恐縮しております。火曜日と金曜日の午後も発熱外来を少人数ですが開始しました。多くの場合、軽症で終わりますので、症状が軽い場合には、自分でできるコロナ抗原検査を行うことをお勧めいたします。
7月23日に、神戸で開催された、第4回日本在宅医療連合学会に参加してまいりました。当院の和田医師が座長をするシンポジウムなどがありましたが、お目当ては浅沼事務長がシンポジストとして登壇する「在宅医療における事務職の役割」というセクションです。
黒のワンピースの白のジャケットという、見栄えの良い恰好で、講演の内容が群を抜いて素晴らしく、院長として大変誇らしく感じました。浅沼事務長、和田先生ご苦労様でした。
当院は引き続き地域医療の推進のため努力してまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

2022年7月ー院長メッセージ

例年より早い梅雨に入りでしたが、6月下旬に突然猛暑が始まり、同時に梅雨も明けました。厳しい暑さです。皆さん、熱中症に気をつけて、水分を補給して、睡眠も十分にとってください。
新型コロナワクチンの4回目接種が始まりました。私も4回目の接種を済ませましたが、今回は60歳以上か、重篤な疾患を患っている方に限られております。接種券が届いたら、是非当院の受付まで相談をしてください。
コロナ感染者数は下げ止まっていますが、重症者数が増えないのは、ワクチン接種が進んでいるためだと思われます。まだ、2回しか打っていない方もおられると思いますが、3回目のワクチンを打つことをお勧めします。
今年の4月から、第4土曜日の整形外科外来は、私の息子、苛原航が担当をしております。整形外科の専門医試験に合格をしたので、外来を任せられるようになりました。現在は栃木県の総合病院で働いておりますが、将来は当院に戻ってもらいたいと願っております。
当院は今後も地域医療推進のため、世代を超えて邁進してまいります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

和田先生「世界高齢者虐待啓発日イベント」に出演いたします

和田先生がインドで開催される「世界高齢者虐待啓発日イベント」に登壇。

交通アクセス


画像をクリックしてください。

医療法人社団 実幸会
いらはら診療所
TEL.047-347-2231
FAX.047-347-2551

更新履歴