活動報告

松戸市在宅医療・介護研修プロジェクト

2月9日は
多職種合同研修会
『介護事故に関する研修会』でした。小雪の舞う中150人もの参加者でした。

 

 

針刺し事故感染防止の研修会(H28.11.21)

松戸市市立病院の小森功夫先生による「針刺し事故及び血液媒介感染症」の研修会がありました。あらためて、予防と対策の必要性を感じました。松戸市では訪問看護事業所向けに市立病院連携のもと『針刺し事故対応システム』が運用されています。

北関東推進フォーラム(H28.10.16)

平成28年10月16日、千葉県医師会にて『北関東在宅医療推進フォーラム』を開催しました。
基調講演には、二ノ坂保喜先生にご講演いただきました。
シンポジウムには、志真泰夫先生、種村達也先生他それぞれのお立場より在宅で看取るということ
を さまざまな角度からご討議いただきました。

 

 

 

独居看取りの時代

在宅医が考える心豊かな「独り死」
『独居看取りの時代』
著:苛原 実
平成28年8月25日発行・・・・ピポ・サイエンス出版

ばんぶう8月号(平成28年8月号)

院長掲載記事(ばんぶう8月号)

骨・関節疾患の在宅医療

在宅医療の技とこころ シリーズ
骨・関節疾患の在宅医療』・・・南山堂(2015年10月)
編著:苛原 実
分筆:藤本清成、和田忠志

 

日本医事新報平成(27年7月)

日本医事新報2015年7月4週号(在宅医療とは何か) クリックすると記事が読めます
苛原 実

 

 

JAHMC(平成27年7月号)

JAHMC7月号(在宅医療は今・・・)(クリックで記事が読めます)
苛原 実

 

地域リハビリテーション(平成27年6月号)

地域リハ6月号(地域包括ケアシステム構築と基礎自治体の役割)(クリックで記事が読めます)
苛原 実

 

 

Clinician a Home

【特集】地域包括ケア時代の主治医機能
主治医機能 (クリックしますと記事が読めます)

 

交通アクセス


画像をクリックしてください。

医療法人社団 実幸会
いらはら診療所
TEL.047-347-2231
FAX.047-347-2551

更新履歴