2018年版

院長メッセージー2018年2月

1月下旬には寒波襲来して、4年ぶりに松戸にも雪が積もりました。寒さも一段と厳しく、朝型には氷点下となる日が続いております。寒さも影響しているのか、松戸市では千葉県の中でも高い頻度でインフルエンザが流行をしております。今年はB型がはやっており、高い熱が出なくともインフルエンザのこともあります。ご心配な方は当院まで受診してください。
1月14日の日曜日は、日本医師会館で開催された、在宅医療関連講師人材養成事業研修会に参加をしてまいりました。これは、公益財団法人、勇美記念財団が高齢労働省から委託を受けて行っている事業であり、今年で3年目となります。今年はワークショップ形式での研修会で、始めての試みでしたが、各グループが熱心に議論を重ねており、まずは成功でした。いらはら診療所からも職員が受け付け等の応援スタッフとして参加してくれました。
1月27日は大阪で開催された、在宅ケアを支える診療所・市民全国ネットワークの大阪大会準備会に参加をしてまいりました。多くの準備会スタッフが集まり熱心に議論を重ねており、素晴らしい大会になると確信いたしました。岡崎大会長は介護事業所を運営する看護師さんです。いわゆる、大阪のおばちゃんですが、パワーがあり、頼もしい限りです。大会成功の為に我々も頑張りたいと思っています。

院長メッセージー2018年1月

あけましておめでとうございます。
昨年はインフルエンザワクチン不足で、皆様には大変ご迷惑おかけしました。12月中旬からは順調に入荷できておりますので、もしまだワクチンを打っていない方は今からでも遅くありません。診療時間内であれば、予約なしで打つことが可能ですので、受診してください。
昨年は、全国規模の学会である、日本高齢者虐待防止学会と日本在宅支援診療所連絡会の全国大会を当院主管で行うなど、活発な活動を続けた年でした。本年は外国人技能実習制度が本格的に動き始め、海外からの実習生の受け入れを行うなどの作業を予定しております。海外の若い方々に日本の介護技術を学んでもらいながら、楽しい経験をしていただき、日本を好きになっていただきたいと願っております。また、台湾の方々の当院への訪問や、講演等の交流も積極的に続けてゆき、信頼関係を一層強く構築してまいります。
月々の活動内容に関しましては、このホームページを通じて報告してまいります。
皆様本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

交通アクセス


画像をクリックしてください。

医療法人社団 実幸会
いらはら診療所
TEL.047-347-2231
FAX.047-347-2551

更新履歴